商品紹介

鹿肉ジャーキー


有機農業の聖地、山都町の大自然の中で育った鹿肉を使用した鹿100%のジャーキーです。

鹿肉野菜ャー


無農薬無化学肥料で育てた、季節の野菜を使った鹿と野菜のジャーキーです。野菜は季節によって異なります。

鹿角カミカミ


鹿の角を噛みやすいサイズにカットしています。硬い角を嚙ることで歯についた歯石が取れピカピカになります。

PRODUCER


Mother Earth

代表

植村 真穂

Maho Uemura

愛犬チャパティ (アメリカン・コッカー)は小さい頃から皮膚が悪く、薬を服用していましたが、どんどん薬が効かなくなり、薬は強くなる一方でした。夜も寝れないほど掻きむしる姿に、植村さんも寝れず精神的に限界。
良いと言われるものは試したが、最終的に辿り着いたのは手作りご飯でした。しかし、スーパーに並ぶのは抗生物質を与えられて育った畜産の肉や乳製品、農薬や化学肥料を使って育った野菜。
本当に安全な食材を手に入れるのは簡単ではありません。それなら、食材から作ろうと言うことで、山都町に移住し、猟師になり、野菜を作り、家畜(山羊や鶏)を飼う生活をされています。

MAROが大切にしているオーガニックへの想い

生産者の心

地震、台風、豪雨、降灰、と自然災害に悩まされ、さらに高齢化の中山間地農業は、
猪や鹿などの獣害が年々増加、
まさに逆境のただ中。
加えて後継者も殆ど居ない中、頑張って生産を続けておられる方々の役に立ちたい、そしてこの地域の美しい風景・自然を残したい、
という想いから立ち上がりました。

命と環境
水は地球の血液! 自分の暮らしもなるべく 合成洗剤など使用しません。 農薬や化学肥料を使わない 生産活動を心掛けています。 森を再生し棚田を守り、川と海を汚さない生き方を目指した生き方!
生産者と消費者

今、コロナウイルスで一人一人が
「自分の幸せは何だろう」と
考える人が多くなって来たように思います。
自然を排除する都会では、
繋がりを実感出来ない環境があります。
「食」から自然と人間、人間と人間、自然と自然、結局は自分も自然の一部なんだと感じてもらい生産者と消費者と共に自然環境を守っていける幸せな未来を共に考えたらいいなぁと思います。

お問合せ